りゅうくんの備忘録

徒然なるままに思ったことを書くところ

ハッカーズチャンプルーで喋ったぞ

こんにちは!

はかちゃん公式に黒魔術師認定されたことで黒魔術氏になった人間です!!!

これはちょまどさんから本をもらってうれしいりゅうくん

ブログを書くまでがハッカーズチャンプルーとのことなので、僕のハッカーズチャンプルーを終わらせるためにブログを書きます

当日の様子です

前夜祭のお話

いろんな方のお話を聞いてみたい&&金曜特に予定もないや、と参加した前夜祭、clonekoさんの無茶ぶりで飛び入りLTをすることに

当日スライド作成RTAバリの速さでスライドつくってはかちゃんと僕のお話をしました

speakerdeck.com

僕が面白いエンジニアになりたいなと思ったのは、2年前のハッカーズチャンプルーぺんさんの技巧(?)LTを見て、自分も変なことしたいなぁと思ったのがすべてのきっかけです。
この2年で少しは僕も変なエンジニアになれたかな...

僕がしゃべったLTについて

これが今回のLTのスライドです speakerdeck.com

今回のLTは、僕が1年くらい記号プログラミングをして遊んで出来た物の集大成という感じでした。

ハカチャンでちょまどさんがしゃべっていた言葉を借りると、遊びでやってた点がある種の線になったのかなぁなんて思います

色々準備したり、しゃべるまで死ぬほど緊張したりと多少大変なところはありましたが、カンファレンスでしゃべるといろんな人からレスポンスがもらえてとても良いという知見を皆さんに共有したいですとても!!!!!

引用以外にもたくさんの反応(面白い、やばい、引いた等)がもらえてとてもうれしかった!!!!僕は!!!!!!!
LTした時の反応をあとから追ってすごくにやにやできるのは特権だなぁと思いました

あと記号コーディングしたいなって人はぜひに声をかけてください手とリ足取り教えます!!!!!!!!!!!!!!

他のスピーカーさんのお話もくっそ面白かった

@deeeetさんの開発基盤作るお話

発表資料

なぜこの技術を使うのか、そもそも開発基盤とは?マイクロサービスとは?みたいなところから話してくれてとても最高だった!!!あと資料公開してくれていて神ほんとに

hikaliumさんの自作OS事情のお話

発表資料

ぶっちゃけ低レイヤーなお話を聞くのは初めてだったんですけど、めちゃくそ面白かった(hikaliumさんの熱量もすごくてよかった)
個人的に低レイヤーな部分も学んでみたいなと思えたので、今年中に触ってみたいなーという機運がとても強くなって最高でした

ちょまどさんの好きな事続けるお話

発表資料

エモい話の塊だった。好きな事して突き進んでる身としてはとても刺さる部分が多かった。
あとトーク中にすごい僕の発表を拾ってもらえてひたすらにうれしかった....はかちゃんで喋ってよかった....

ヨガ

Paul McMahonさんのdoorkeeperの道のりのお話

資料は見つけられなかった...

スタートアップは花なお話こそよく聞くけど、苦労なお話は聞かないことが多いので(個人の感想)とても貴重だった

gongoさんEmacsのお話

発表資料

Emacsぶっちゃけ使ったことなかったんですが、やばいですねEmacsEmacsってOSなんですか??
技術をいい感じに変に(いい意味)使うのとても最高で、Emacs僕も始めようかなというお気持ちになれた...Emacsやるか.....

ぺんさん意味不明プログラミングの世界 (LT)

資料

最高ですね。感無量です。感動しました。
ぺんさんのLTを見て僕が園児にあを目指すきっかけになった理由をわかってほしい(?) 

ぼくもいつかぺんさんバリの面白い変なことをするぞ!!!というお気持ちになったのでこれからも変な事していきたいと思います

割愛しちゃったけどあなぐらくんのperl1環境をdocker用意したとかも最高に???という感じでとても好きだった

あとがき

2年前、エンジニアになってみたいなぁと思ったきっかけになったハッカーズチャンプルーという場で、今年LTできたのは大変エモな出来事でございました。
あの時ぺんさんのLT見てなかったら今の自分は黒魔術みたいなことしてないし、通年ハッカーズチャンプルー開いてくれてる運営さんにはほんと感謝です。

f:id:Ryu1kun:20190707223901p:plain
これはちょまどさんに書いてもらった闇落ち(?)したJavaScriptちゃん

来年から就職で沖縄には居ないのですが、ハカチャンの時期はぜひ沖縄に戻ってきて参加したいなぁなんて思うりゅうくんでした。

初めてイベントを主催したぞ!!!!

面白コード見せ合い会ってイベントを主催しました!

初めてイベントを主催した…

めっちゃ緊張したですよ

普段イベントを運営などしてる人はめっちゃすごいんだなぁと学びがありましたね…

#omosiro_code - Twitter Search

当日の様子です

発表してくれたかた

  • ぼく
  • たっどさん
  • ぺんさん
  • じゅえるさん
  • すえさん
  • はなちんさん

発表する順番はJSのワンライナーで決めました!!モブプロ!

話してもらった内容

たっどさん : lispに見せるrubyのお話

無理やりlispっぽく見せる努力すごいやつ 参考

ぺんさん : うごくいかちゃんAA

すごすぎて?となるぞ!

イカちゃんは数式で表現できるし、いかちゃんのうごきもいい感じの数式で表現できるぞ!!!なにそれ おコードです

じゅえるさん : †コードを吐き出すコード†

†シンギュラリティ†

マルコフ連鎖でいい感じなコードを吐かせる話。生成されたコードをみんなで眺めていくの楽しかった 資料

すえさん : 今まで作ったgemの面白コード

こちらは実用的なかっこいいコードの話!プリキュアRuby実装というワードが好きすぎる

あとesaめっちゃ便利そうなので僕も使ってみたい スライド

たっどさんその2 : 関数型言語の関数をオブジェクトに置き換えたオブジェクト言語の話

ぺんさんその2 : Rubyのコードクイズのお話とか

空白が多いコードにはなにか隠蔽されているかもしれないぞ

はなちんさん : 新作Gemのお話

oad_iseqとかコードの実行順序のせいでいろんな場所参照できちゃうかもなどというお話

TracePointはみんな大好きなんですねりゅうくん覚えた

その後

たっどさんがネタの宝物庫すぎて面白い話をめっちゃ聞いてた

無名関数、実は名前があるとか、PHPならではっぽい再起の話とか$抜きPHPとかフォントだけでカレンダーとか、CSSとHTMLはチューリング完全ライフゲームできるだとか、予約語の強さとかとか

僕が喋ったことについて

動的型変換を使った記号プログラミングのお話。 スライドです つくったもの

unicodeでの絵文字を記号で表現する際に、unicodeにおける絵文字の実装、表現方法などを理解した上で、どうやって記号で表現させるかーみたいなとこが結構難しかった!! f:id:Ryu1kun:20190614164936p:plain

ここはその部分のコード!!!かっこいいぽいんと!!!

まとめ

きてくださった皆さんほんとーーーにありがとうございました!!!!!

個人的にいい感じの面白ネタが増えてむふふってなりました。

すーーーーーっごいたのしかった!!!またやりたい!!!!!!!

コードを書き始めて1年が経ちました

がっつりプログラミングを初めて1年が経ったので振り返り

新年号も発表されたし振り返りをば

3月

ryu1kun.hatenablog.com 面白そうだったのでプログラミング講座に行ってみた。
PHPのslimなどで掲示板などを作った

YAPC::okinawaにスタッフで参加した

あとmacbook買った。

4月

ryu1kun.hatenablog.com
ちょこちょこ作っていたreactでポケモン図鑑がかんせいしたのでLTしてきた。人生で初めてLTした
ポケモン図鑑の初号機ができたのはここ

5月

学校の授業で関数型言語っていう物の存在を汁
カリー化楽しい!!こんな書き方あるんだ!!ってJavaScriptで色々な書き方をして遊んでた
ryu1kun.hatenablog.com
授業の解説などを同級生向けにブログにまとめてたりした

この時期から記号プログラミングに目覚め始める。暗黙の型変換大好き

6月

5月の延長な感じ。
がっつりJavaScriptのsyntaxが好きになる
reduceやmapなど新しいものみたらとりあえずそれでFizzBuzzを書いて喜んでた
型変換好きすぎてLTで喋ったら若干引かれた

7月

ハッカーズチャンプルーに同級生を大量に巻き込んで連れて行った
esaのデザインの話とかえもくて良かった。来年ははかちゃんで喋ってみたいなぁなど思う
この辺でインターンシップっていう言葉を知った。(全く知らなかった)

8月

ノリと勢いだけでチームラボのインターンに応募、なぜか受かる
選考や面接は全てポケモン図鑑で乗り切ったはず
事前課題みたいなものでrailsでRESTFulなAPIを作った(すきゃほるど使ってません)
この辺にRuby,Ruby on Rails ,MySQL を覚えて商品を店舗ごとに取り扱う(セキュリティ的にゴミな)api作った
progate,railstutorial同時に進めながら自前でrailsのアプリっぽいものを作って行きながら勉強してたような気がする

9月

チームラボのインターンを満喫してきて ryu1kun.hatenablog.com

ISUCONに参加し(ぼこぼこにやられ) ISUCONに出てみた話 - Ryuの備忘録

Vue.jsを触り始めポケモン図鑑を作った(多分3代目) ちょっとvueを使ってみた&&LTしてきた - Ryuの備忘録

AWSと初めてふれあい、AWSのEC2を2割理解した

サーバーサイド、フロントサイド、どっちもおもしれぇなぁみたいな感じになる

10,11月

TS,go,docker,webpackとかツイッターでよく見かける単語を調べて触ってみたりなどを続けてた
Vueたのしーなどのたまうて、基礎から学ぶ Vue.js、Vue.jsとFirebaseで作るミニWebサービス、などの本を読んではコード書いてみるみたいな生活
voyageのインターン落ちる。面接できょどってしまった…

沖縄でVue.js入門みたいなイベントをしていてメンターみたいな動きをしていた

海行ってハッカソンした!!!
ryu1kun.hatenablog.com
この辺でもrails使ってチャット機能などを実装した記憶がある

12月

かんぼさんの会社で少し働かせてもらう!!!
僕のコミュニケーション能力があまり高くなくて少し迷惑かけてしまったけどいい経験をさせてもらった!!!!!

スマブラが誕生日に発売されめちゃくちゃテンションが上がり無限にプレイする
寒くなり始めてネガる

1月

虚無。息をしていた。
three.jsとwebaudioAPIを合わせて3Dビジュアライザーもどきを作って遊んでた
GitHub - s17001/WEBvisualizar

ebilabさんの案件に少しだけjoinさせてもらっててBI画面のレイアウトなどを少しだけ整えていた

2月

ピクシブインターンに応募する
選考に出すために追いポケモン図鑑を作って、github選考で出した(図鑑5台目)

チームラボに呼ばれて東京に飯を食いにく
goで推しの画像をスクレイピングで取ってきたりして遊んでた

沖縄・宜野湾エンジニア勉強会 #6 in ギークハウス沖縄 - connpassbashさんやさぼさんの話を聞いた、ぺんさんの話はやっぱり好き
自分は黒魔術なコードのお話をしたりした
2/2 LT用 · GitHubその時のコードです
speakerdeck.com

ピクシブインターンにうかる!!!!!!!!!

3月

ryu1kun.hatenablog.com
ピクシブインターンに行ってphpなどでピクシブ百科事典の改修などをごりごりやった
phpかけるか不安だったけど割と書けてしまって楽しくなって最高かよという感じだった
gitをめちゃくちゃ覚えた
pixiv tech salonでGLSLのVJみてシェーダーを書き始める

インターン、記号プログラミングで興味を持ってもらえたみたいで芸に救われた

LTで鍛えたプレゼン力をインターン最終日に発揮できて、プレゼンを褒められたのがめっちゃうれしかった

GLSLとphpで型に慣れてきた

gist.github.com https://gist.github.com/s17001/aa6c4c4e4b9e3b6b4405c96ee51c298b

こんな感じのAAっぽいコードなど書くのにハマっていた

東京にいる間いろんな人に人生相談などをして少しだけ自身がついた
pixivでのインターン中、いろんな方に人生相談をした話 - Ryuの備忘録

ブログが週で2000アクセスなどされビビった

みんなのウェディングにも行った、rails少し書いた

インターンで出会った方にvrchatを布教され、無事友達と沼に頭まで浸かり、unityでワールドなどを作り始める

振り返ってみて

機会をくれたり、色々教えてくれたり…すごい周りの人間に恵まれたなぁとしみじみと思います。
スペシャルサンクスみなみなさまというお気持ち

ポケモン図鑑と記号プログラミングで生を繋いできた感じ

あれもこれもという感じで、きになるものはとりあえず触ってみるスタンスで動いていた、そのおかげで、web系をざーっと学べた一年になったのかなと思います。色々触って物を作ってみるってスタンスはすごい自分にあっていると思ったのでぜひ続けていきたいなぁなんて思いました

でも、いろんなものを触っていたから、1つに注力してきた人には敵わない、というか強い学生が多すぎて僕はまだまだだなぁと思う点が多々。 面白いと自分が感じる技術(謎コード系)ばかり書いていたので、実務で通用するのかなぁって不安がめっちゃある

みんなも一緒につよつよエンジニアになるために今年もなんとかいきていこうな…

圧倒的猛者に一歩近づいた話

pixiv spring boot campに参加してきた

あーんなことやこーんなことがあってpixiv spring boot campに受かって参加してきたお話です

余計な話

これは個人的にエモい話なのですが、

これが10月の僕です

これが12月の僕で

これが2月の僕です

💪💪💪💪💪💪💪

f:id:Ryu1kun:20190318125310j:plain
いりぐち
f:id:Ryu1kun:20190318125325j:plain
好きな絵
むりりんさんの絵…!!
f:id:Ryu1kun:20190318125345j:plain
ぱーか

参加のきっかけ

大きく影響を受けたのはさぼさんかるめりくん

  • さぼさんは僕のプログラミングのお師匠さんの一人で、世界に7人いる足を向けて寝れない人間の一人、元々はpixivの社員さんで、憧れているていた+行ってみればのお言葉があった

  • かるめりくんは別のインターンで出会った強い学生、福岡のpixivでバイトをしているらしく強い、割と仲良くさせてもらっていて、彼に春インターンめっちゃ楽しかったから是非いってみて!!!と言われた、強い(ほんとありがと)

みたいなきっかけがあり、応募しようかなーという感じでした 僕は書類みたいなの書くと弱いほうの人間なのでGitHub選考一択で、割と物を作っているつもりだったけど、不安だったので追いポケモン図鑑などをして応募したよ

確かコースはpixivコースとpixivFANBOXだったはず、面接はオンラインでやりました

コードテストはめっちゃ緊張していたけどどうにか突破できていたらしく、合格メールもらった時はめっちゃくちゃ嬉しかった記憶があります…
(コードテスト、Rubyでかいて!どどん!って言われて言語に慣れておらず書き方があっあっってなりながら書いた…)

インターンでやったこと

pixiv百科事典を色々改修した!!!!

百科事典、なかなかこれがすごくて、

  • 作られた時期が結構古いので…(察して)

  • 秘伝のたれっぽいおれおれフレームワーク

こんな感じで、僕はそこで

みたいなことをしました

プルリクは9個くらいマージされてて、合計で11とかプルリクを8日間のうちに送れたのはとても良かった!!!(結構な量をコードレビューしてくれたたっどさんはほんと感謝)
初日で1つプルリクを作れたのは今思うとやばいスピード感

いくつかは僕の実装で実環境にマージされたやつもあって、百科事典に僕のエキスを流すことができてとてもうれしい…

学び

山ほどあるが全部書くと経典みたいになるので、

  • 読んでもらうためのプルリクの作り方+上手なcommitの作り方(rebaseやresetとかその他色々)
  • PHPの細かい仕様
  • コードの副作用と防衛的なプログラムの書き方
  • フレームワークの設計
  • オブジェクト指向での開発とは
  • ツール(terminalとかエディタとか)をフル活用する方法

軽く書くとこんな感じでメンターのたっどさんからは手堅く堅実で今後も廃れない技術を教えてもらったのは神だった

最終日のプレゼン、今までLTで培ってきた力をフルに出せた気がしていて、10分のプレゼンで10分ジャストでキメて、たっどさんやbashさんによかったって言ってもらえてめっちゃうれしかった…

業務外の小話とか

はかたしさんにボドゲを誘ってもらえたのめちゃめちゃ嬉しくて、そこでアトムさんとかめさんと一緒にゲームできたの最高だった、

ナショナルエコノミーしてきたんですが!!!(初心者が多かったので)1位取れました!!!
そういやtechsalonでゲーム内定の話してたなー(ちら

たっどさんとラムダ式とかSKIとかチャーチ数とかで盛り上がったの本当に楽しかったので、こういうマニアックな話ができる環境はとても良いなぁと思った、話し足りないのでまた話に行きたい…

昼飯の時も結構えもくて、げたさんやいろんな方に人生相談をしたりしてました!!(暇なら眺めてみてね)

pixiv techsalonにも参加した

pixiv techsalonっていう完全招待制のイベントにも参加させてもらった。神か?

f:id:Ryu1kun:20190318130046j:plain techsalonで配られてたサイリウムです

様子です

資料は公開されているらしいので是非みてみてほしい!!!! inside.pixiv.blog

techsalon、どの発表もめちゃくちゃ良かった

その中ですっっっっっごい共感したのがこの発表で

大多数のメンバーがコードを書けるチームにおけるエンジニアの役割 / pixiv TECH SALON - Speaker Deck

37,38あたりのスライドの内容はマジで意識していきたいなぁという感想です

webglでvjをずっと後ろの方でされてて、めっちゃ興味持ったので触ってみたいなぁというお気持ちが湧きました

techsalon懇親会の時とか、推している存在のきりみんちゃんやすのーまんさんなどに出会えたのもとてもとても良かった…神…

他にもツイッター上でしか知らなかった御方々とお話しできたのすごくよかったです

ぷらすくん話しかけてくれてほんとありがとう…緊張してうまく喋れなかったの申し訳ねぇ…

その他のお話し

f:id:Ryu1kun:20190318130005j:plain インターン懇親会の鍋ですおいしかった

懇親会後に、会社に戻ってさらに飲み直したのがめっちゃ良かった楽しかった… 梅酒をウォッカで割ると美味しい知見をえた

f:id:Ryu1kun:20190318125258j:plain
おさけ

僕もうれしい…

pixiv、インターンの選考、話によると記号コーディングで興味を持ってもらったみたいで、芸はどこで役にたつかわからないなぁと思いました。趣味に救われた…

終わりに

8日間最高の経験をさせてもらいました。 インターンの内容、業務などももちろん最高だったのですが、憧れていた人や、尊敬できる人との出会いって面でもめちゃめちゃに最高でした

プログラマーになりたいなぁみたいなお気持ちがより一層強くなったので、ほどほどに頑張っていこうと思います!!!

この春、僕も少しは、圧倒的猛者に近づけた!!!!と思う!!!!!!!!

pixivでのインターン中、いろんな方に人生相談をした話

pixivでのインターン中、いろんな方に人生相談をした話

個人的に気になってたことや質問などをいっぱいしましたまとめ お昼ご飯のときにげたさんとお話ししたり、就業時間後にいろんな方にお話を聞いたり、色々ためになったので備忘録もかねて書きます

好きなものと仕事に使うものの話

僕の考え、悩み的な

僕が興味のあり触りたい技術と実際お金になり稼げる技術の乖離

げたさんの考え

人間は年齢を重ねていくと、生存時間がだんだん減ってくるので、相対的に時間の価値が上がっていく そのために、最短の時間で最高のパフォーマンスや最も成長できる手法を取るようになる(らしい)

こういう資本主義的な考え方になるにあたって、そうじゃない人もいる

そうじゃない人 => ( 好きなことに無限にコミットしていく人 || 興味ある1つのことを無限に掘り下げていく人 ) => 時間 !== お金 な間隔の人々

効率が悪いように思えるけれど、実は全然悪いことではない(劣っているわけではない)。

好きなことを無限に極めていく過程で得られる知見や新たに生まれる視点はかけがいの無いものだし、その先の人生で全くの無価値にはならない 例 : 昔Javaが好きで自作のフレームワークを作成したことがあった、その経験からRailsをあまり知らなかったけど、フレームワーク自体のバグに気が付いてfixみたいな体験談も聞かせてくれた

感想

(想像)まっすぐ好きなことに突き進んでいくのもいいけど、勧めていく上で、自分自身のスタンスや哲学を自身で把握しておけるととても良さそう的な裏がありそう

僕自身の価値観、考え方、なんでコードを書くのが楽しいのか、理解不能なコードに魅力を感じるのか、などを深掘りしていくと自分自身の理解に繋がりそう(自己分析的な)

スキルセットのお話

僕の考え、悩み的な

自分自身のスキルは、あまり仕事に行かせるかわからない、スキルセットとpixivの使っている技術と離れている

げたさんの考え

自分自身のスキルが会社にマッチしてないと言って悩むのはめちゃくちゃ杞憂なこと。 その人を会社が必要か考えるのは会社なので、雇われる側はあまり悩まんほうがいい(新卒なら特に)

おれきゅーさんの考え方

Javaがめちゃめちゃ好きだったかたがいて(お名前聞きそびれてしまった…)、
(おれきゅーさん)https://twitter.com/orekyuu!!(後日しっかりお名前を聞いた)曰く、それこそ今までpixivに今までJavaのプロダクトは少なかったけど、Javaがめちゃくそ好きって推してたら入社できた その上自分でJavaのプロダクトを立ち上げて無双したらしい最強だ

フレームワークのお話

僕の質問

今からJS書くならTSで矯正とかしていったほうが役に立ったりするのか気になった

げたさんの考え

そこまでする必要はない。 生JS、TSそれぞれにそれぞれのいいところがあるので、これ一択!みたいなのは野暮  (JSなら開発スピードの速さ,TSならテストのしやすさとか?)

言語、コードを書くことは何か物を作るための手段であるために、その過程は過程なので個人ならぶっちゃけ好み 技術選定は、人間やチームの規模で最適解が変わってくるので、焦りすぎてあれもこれもになるのはしんどい

でもそこで、何か1つの技術を深いところまで押さえておくと他のフレームワークや言語を使った時に強くてニューゲームできるというのはよく聞く話だけどほんと

学歴について

結構学歴不安

社員さんたち

むしろあんまり気にしたことがなかった。そもそも僕も専門学校いってたけど、特に問題がなさすぎて別になんも気にならなかったのでわからない… 僕は普通に大学行ってたけど、それでもあまり周りの学歴とかは気にならなかった

感想

プログラミングを扱う会社ではこうなのか🤔わからんけど…実力社会的な感じなのかなぁと思った、僕が過剰に気にしすぎているところはあったかもしれない

きりみんちゃんとも学歴の話をした!

pixiv TECH SALONきりみんちゃんとお会いした!!!!めちゃくちゃうれしかった… その時にも色々相談させていただいた!!!ありがてぇ…

新卒の時は結構苦労もしたらしい、でも中途など、社会に入ってからは実力を見られるようになってからが本番。

是非とも早くのし上がってくるといいよ!!

感想

  • その時お酒も入っていて、個人的に憧れてたきりみんちゃんとお話もできてめちゃくちゃ高まっていたので、まともに会話できていたか不安だけど、 めちゃくちゃえもくてよかった。
  • 言い訳なのですが、きりみんちゃんとお話しした時のメモを酔っていて詳しく残していなくて、大雑把に記憶でしか言ってくれたこととかをかけなくて申し訳ない…
  • めちゃめちゃ嬉しい言葉ももらったので、是非ともどしどしのし上がっていきたいなって気持ちにめっちゃなった!!!!!FOO

後日たっどさんにも聞いてみた

pixivのインターン中にメンターさんやってもらってめちゃくちゃお世話になったtadsanにもお話をふっかけてみましたというあれこれ!!その日は言語学(自然言語の方言とかルーツの話)で盛り上がって最高に楽しかった…

ご意見

もし、アメリカにいくなどの選択肢を残しておくみたいな意味合いであれば、学歴があったほうが就労ビザなどは出やすいので、自分がアメリカに行く可能性を残す意味合いでは学歴はあるに越したことはない。 しかしながら、専門=>通常の就職で言って日本に留まりがち、みたいな文脈で行くならば、極論で学校をやめて就職できるならしてしまうってのも間違ってはいない 自分のライフプランみたいなのと相談みたいなところはありそう

感想

  • そもそも海外をみてなかったので結構面白い良い意見だった。(前に怠惰な人がその話をしてくれた気もする)
  • 自分のこの先の立ち回りを全て考慮して大学に行くかどうかの選択をするというのは結構難しい所だなぁと思っていて、自分の場合は大学か、専門かどっち行くかみたいなのを考えてた時にはこんな考えは毛頭なかった。
  • 自分の可能性みたいなのを潰してしまう、となると結構勿体無いような気もしているけど、アメリカ行くの?ってなると正直わからない…となるので、割と決めあぐねるというのが現状。
  • 自分の中にこの考え方を実装できたってのが一番大きいかもしれない
  • またご飯いきたい!!!!!!!

全体を通しての感想

  • 結構僕の場合は悩みからか自己評価が低くなりがち => 全然杞憂なこと多い
  • 好きなことにコミットするのは全然いいこと、経験も生きてくる
  • これからも自分が面白いと思ったことをどんどん布教していきたいと思った

インターンの体験記はまた後日別ブログで… => まだ全然かけてない…もう書いて出してる人いるのに…

いろんな人と喋れて意見をもらえて、激強エンジニア目指してやっていきたいお気持ちが強くなった..!!!!!

やっていきたい生存戦略的な

エンジニアとしてこれからいきていきたいので色々極小の脳みそで考えるんですが、考えまとめるために雑メモ

技術の世界で生きていくには流行りの技術の並みに乗っかるか、波を作るか
波を作るのは超天才めちゃすご究極のエリートたちで、波を作る側になるのは結構鬼門かもしれない
なので僕みたいな平凡マンは最速で波に乗っかって行かないと淘汰されちゃう。波に乗っかるの遅すぎても淘汰される。

自分自身のスキル、軸が複数あるととてもいい。
片方の軸が死んだときにもう片方の軸にシフトできる。
両軸が生きてる状態だと、スキルの掛け算ができるので重宝されるような気がする。

なので1つの技術とか流行りのフレームワークに依存しすぎると危険。
広く浅くではないけど、ある程度できるもの複数ある&&適応能力高めな感じだと生き残れるかもしれない

ポエム ? 駄文 ?

最近僕が考えたり思うことをだらだら書いていくやつ。

まず、若さから来る体力を過信してる人間が多いの気がして、ちょっとどうかと思う。
体力に物を言わせて徹夜などで活動時間増やすのは、僕は個人的には愚かだと思っていて、自分の首を将来的に締めてるようにしか見えない、借金的な感じで。
確かに、活動時間が伸びるからできることが増えていろんなことができたり、無理に宿題片付けたりできるとは思うんだけど、そのプラス要素に対しての後から帰ってくるかもしれないリスクとかを考慮してないと思うし、長い目で見たら不幸になるのでは?と思ったりする。

ちょっと話の流れはずれるけども、思考をしない同年代の人も多少いるので悲しい(僕が観測できる範囲だけど)
他人の将来のことなんて知らんけど、選択肢があったときにどれを選んだら自分に一番有益かみたいなことは考えたほうがいいと思う。損するし。
ケースバイケースなところもあるけど、なるべく、自分が良くなるように生きてほしいなって、だって主人公はみんな自分じゃないですか。他人のための人生ではないのでは?

好きな事を続けるのめちゃいいと思うんだけど、自分がどうやったらこの先、生きていけるかみたいなとこも考えて趣味のメインで片手間にちょっと自己投資とかすると良さそうだなぁって

それと、みんな自分の事多少は好きになってほしい。
自分で自分を嫌ったら誰が愛してくれるんだろう:thinking_face:って思う。自分自身くらい自分の味方になってもいいんじゃないですかね。
ナルシストになれ!って行ってるわけでは無いので悪しからず…

超特大ブーメラン投げた、あとめっちゃお金ほしい。